■大人からでもバレエは上達するか

バレエはいつ始めても上達は出来ます。もちろん向き不向きなども多少はありますが、バレエやればやるだけ上手になります。
ただし何も考えずに周りを見ながら体動かすだけですと、なかなか上達は難しいですが、1つのレッスンでこれを気をつけよう!とか、先生に注意された事を二度と注意されないようにメモをとろう!など考えているうちに少しずつ成長します。
先生の話を1句ももらさないつもりでレッスンに望むと上達が早いです。
上達するにはまずバレエでの先生の振付の順番をしっかり覚えるよう、集中して先生の動きを観察してみましょう。

タグ

■大人がバレエ教室に通うメリット

まず社会人になると運動不足になりがちです。
しかし、バレエをやることにより、柔軟運動をしたり、姿勢をキープして筋肉を使ったり、順番を覚える為に頭を使ったり、いろいろと身体にとって素敵な事がたくさんあります。バレエだけでなく、習い事をすることによって普段関わらない人脈が出来るのもまたひとつの魅力だと思います。
バレエのスタイルとしてからだのラインを出す事が増えます。そうなると必然的にみっともない体でいたくない、自分でも見たくないと思い、食事ひとつにしても気をつけるきっかけになったりします。
一度にいろいろな所に神経を使ったりするので、ボケ防止にも役立ちます。

ほかによく聞くのは、姿勢が良くなったと褒められた。集中力がついたなどでしょうか。

見た目の優雅な動きと違って結構ハードなんですね。

タグ

■大人のバレエ教室の魅力とは

従来ある所謂バレエの”お教室”は、子供を対象とされており大人はあまり注意してもらえなかったりする。
お教室と言うのは情操教育や、しつけを目的としていたりまたはプロを目指す本格的な所であるから。あまり他の習い事と一緒にやるような習い事ではない。
最近はバレエもメジャーなお稽古事になり、カルチャースクールやスポーツジムで習うことが出来るが、バレエ経験者だらけで初めてバレエするには挫折しやすい。
最初から大人のバレエ教室と謳っている所であれば、自然と昔バレエに憧れているが出来なかった人や、ダンスの基礎として考えている人などが自然にあつまってくるので、バレエ教室よりも始めやすく、カルチャースクールよりも長続きしやすい。

タグ

クロワゼ            

閉じる。交差する。身体を斜めにして脚をクロスしている形。

タグ

2012年11月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

グラン・パ・ド・ドゥ      

男女ペアで踊る、最大の見せ場。パ・ド・ドゥ、ソロ、ソロ、コーダで構成されている事が多い。

タグ

2012年11月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

ク・ドゥ・ピエ         

足首にもう一方の足の爪先をつける動き。

タグ

2012年11月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

クペ              

切る。足首にもう一方の爪先をつける動き。

タグ

2012年11月8日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

カブリオール         

跳ねまわる。片足で跳び、脚を打ってから着地する。

タグ

2012年11月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

エトワール           

主役、プリマ、プリンシパル

タグ

2012年11月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

グリッサード         

すべるように脚を出した方向へ移動する跳ぶパ。

タグ

2012年11月1日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:バレエ用語

このページの先頭へ

イメージ画像